果実酒製造免許を取得&自社畠を拡張しました

果実酒製造免許を取得&自社畠を拡張しました

 新型コロナウィルスのために気鬱な春、人々の生活を支えて下さる皆様、外出自粛生活をお過ごしの皆様、お疲れ様です。
 先の見通せぬ日々が続きますが、アイプロダクツ(株)は今できることに取り組み、着実に前進しています。今回は二つのご報告をいたします。 

 一つ目は、果実酒製造免許取得のお知らせです。

 アイプロダクツは2020年4月14日に果実酒製造免許を取得しました!

 昨年免許申請を行って以来、着実に準備を進めていましたが、いよいよ自社でワインの製造と販売ができることとなりました。果実酒製造免許のみで運営するワイナリーとしては喜多方市初になります。

 喜多方は美味しい日本酒の産地として既に有名ですが、更にワインも加えて多彩なお酒の楽しみを提供できるように頑張りたいと思います。

喜多方税務署前で免許通知書を手に記念撮影をする副社長の阿部と専務の磯部

 喜多方税務署前で免許通知書を手に記念撮影をする副社長の阿部と専務の磯部。

 こちらが「果実酒製造免許通知書」です。

果実酒製造免許通知書

 醸造所がある場所 …なんと喜多方シティホールアネックス(七福神ホール)の中です!

七福神ホール


 二つ目のご報告は、自社畠の拡張です。

 今までは試し植えで様子を見ていましたが、果実の質量に目処が立ったので、喜多方・雄国地区の山麓に新しい畠を確保しました。

 会津電力(株)の雄国太陽光発電所の直下で、見上げれば太陽光パネルの隊列が、見下ろせば湖の様な会津盆地が一望できます。

 ここが新しい畠です!

新しい畠

新しい畠

 栽培を委託している大和川ファームの方々の手で4月中旬から苗植えに着手しました。

 0.7ヘクタールの農地に約300本の苗を丁寧に植えました。葡萄の果実を収穫しワインになるまでには短くても4年はかかります。一緒に見守っていただければ幸いです。

 畠に「マルチ」と呼ぶ黒いビニールを敷いている様子。

 まだ頼りなげな苗木… 元気に育ってね〜

苗木

T&L Party – Kitakata Wine Chardonnay 2019

T&L Party – Kitakata Wine Chardonnay 2019

Tasting & Labeling Party

 去る2020年2月下旬、都内某所。2019年秋に収穫した葡萄の収穫に参加し、足踏みでの仕込みを行っていただいた人達を中心に、関係者が十数名集まりました。
 銘打って、「Tasting & Labeling Party – Kitakata Wine, Chardonnay 2019」。先ずは弊社代表・山田の挨拶でキックオフ!

弊社代表・山田

 喜多方のぶどう畑に苗植えを始めた2015年から、昨年(2019年)の収穫祭までの流れを映像化。 奈都子さんの名曲「明日の木」に合わせました。ご覧ください。

シャルドネ2019

 先ずはテイスティング!きれいな黄金色のワインがグラスに注がれます。乾杯!!うまい、うまい、とがぶ飲みする参加者も。

シャルドネ2019

 いよいよラベル貼り。
 この日のために、参加者の皆さんが各々デザインしたマイラベルをアイプロダクツが印刷し、準備しました。
 ラベル貼り用の専用治具を会場にセットし、使い方を教わる参加者の皆さん。真剣な手つきで黙々とラベルを貼っていきます。

ラベル貼り

ラベル貼り

ラベル貼り

 2019年秋の収穫祭に参加していただいたメイドカフェの店長さん3名(加えて引率のベンチャー企業社長さん)がまたも登場!それぞれがデザインしたラベルを楽しそうに貼っていきます。マイワインを4種類作りました!

メイドカフェの店長さん3名と引率のベンチャー企業社長さん
メイドカフェの店長さん3名と引率のベンチャー企業社長さん

「‘’まい”さんのラベル、うまく張れたかなぁ..?」とのぞき込む山田社長!鼻の下がかなり長いですねえ…;-)

「うまく張れたかなぁ..?」

「出来ました」の第一声はTomyKの鎌田社長!シンプルながら「K」のインパクトが強くて、すっきりしたきれいなデザインですね!

「出来ました」の第一声はTomyKの鎌田社長!

 お陰様で東京での「T&L Party – Kitakata Wine Chardonnay 2019」は盛会となりました。当会にご参加くださいました皆様、ありがとうございます。

 地元・喜多方でワイン製造にご尽力くださった皆様をお招きしてのテイスティングパーティーは4月に開催予定です。

「雄国葡萄収穫祭2019」のご報告

「雄国葡萄収穫祭2019」のご報告

 去る9月16日、今年の葡萄収穫祭が行われました。ご報告が遅くなり申し訳ありません。

 昨年は畑を管理しているメンバーのみで行われた収穫ですが、今年は予め「収穫・仕込み体験」付きでワインを販売し、ご購入された方々によって収穫が行われました。「体験型ワイナリー」としての記念すべき第一歩です。

 2日間にわたって行われた収穫祭の模様をお伝えします。

2019年9月15日 収穫祭1日目

収穫

 8:30、参加者の皆さんが喜多方に集合。

葡萄収穫祭 1日目集合写真

 雄国の葡萄畑へ向かいます。

雄国 葡萄畑
雄国 葡萄畑

 日々、畑を管理する(有)大和川ファームの鵜川さん、農業指導をしてくださる道法さんより収穫方法のご説明をいただき、

鵜川さん
鵜川さん

道法さん
ノリノリの道法さん

いざ収穫スタート!

防鳥ネットの取り外し
防鳥ネットの取り外しから行いました。
収穫
ぶどうだ!

収穫

収穫

 ミズ・ぶどうとお呼びしたい、笑顔の素敵な皆さん。

 カゴに入れる時は優しくそっと、という指導どおりに…

女の子

葡萄

葡萄

 ミスター・ぶどうたち。

そのまま食べても美味しい

 もちろん、そのまま食べても美味しいです。

 皆さん口々に「収穫って楽しい!」と仰って下さいました。

素敵なご夫婦

 葡萄のカゴがいっぱいになったら重さを量ります。

計量

収穫した葡萄

 まだ途中です。たくさん採れました!

 この日は晴天で、絶好の収穫日和。…と思いきや、作業を始めると、暑い!

葡萄畑

(ちなみにこの日はプロの写真家の方が撮影してくださいましたので、写真が素晴らしいです)

 1時間ほどで本日の収穫作業は完了。暑い中、大人も子供も頑張りました。

作業後の一枚


仕込み体験

 喜多方・七福神ホールに戻り、仕込み体験です。

 収穫したばかりの葡萄の実を軸から外し…葡萄の軸とり

葡萄踏み

 踏みます!

葡萄踏み

 なかなか味わえない感触です。

葡萄踏み

 この日収穫した葡萄は弊社副社長・阿部の新潟のワイナリー「レスカルゴ」にて仕込中です。

 続いて2日目の様子です。

ぶどう畑成長日記・2019年8月

ぶどう畑成長日記・2019年8月

2019年8月19日

 お盆を過ぎて暑さも一段落、およそ1ヶ月後に収穫を控えたぶどう畑の様子です。

2019年8月・ぶどう畑

 

2019年8月・ぶどう畑

2019年8月・ぶどう畑

2019年8月・ぶどう畑

2019年8月・ぶどう畑

2019年8月・ぶどう畑

2019年8月・ぶどう畑

2019年8月・ぶどう畑

2019年8月・ぶどう畑

代表・山田(右)専務・磯部
代表・山田(右)と専務・磯部です。

2019年8月27日

 数日前に防鳥ネットと電気柵を設置しました。

 電気柵です。イノシシの出没例が多い地域ですので…。

電気柵

電気柵

防鳥ネット。果実が付いているところを覆っています。

防鳥ネット

防鳥ネット

防鳥ネット

 当記事作成現在、収穫まで約2週間となりました!去年は台風に備えて収穫を数日前倒ししましたが、今年は予定通りに収穫出来そうです。

ぶどう畑成長日記・2019年7月

ぶどう畑成長日記・2019年7月

2019年7月5日

 雨が多く、日照時間の短い今年の梅雨。ぶどうの様子は?

ぶどう畑 7月5日

ぶどう畑 7月5日

ぶどう畑 7月5日

ぶどう畑 7月5日

 下は昨年の7月11日の写真です。比較すると、今年は葉も豊かに繁り、房の数も多いようです。2018年のぶどう畑


 今年のぶどうです。

ぶどう畑 7月5日

2019年7月 ぶどう

ぶどう畑 7月5日

 肌寒いくもりの日が続きましたが、7月も半ばを過ぎようやく夏らしい日差しが感じられてきました。収穫まであと2ヶ月ほど。豊かに実ってくれることを願います。

「生活クラブ」の葡萄苗木、生育中!

「生活クラブ」の葡萄苗木、生育中!

 昨年9月、生活クラブ様と会津電力株式会社の交流会が開催されました。

 その際、弊社の葡萄畑にほど近い「雄国太陽光発電所」にて、太陽光パネルの下にぶどうの苗植えを行っていただきました。

生活クラブエナジー様の葡萄苗植え

生活クラブエナジー様の葡萄苗植え

生活クラブエナジー様の葡萄苗植え


 それからおよそ9ヶ月。

雄国太陽光発電所

 発電所の架台の足元をよく見ると…

雄国太陽光発電所の葡萄苗木

 苗が葉を茂らせています!

雄国太陽光発電所の葡萄苗木

 根付いてくれたことに一安心です。引き続き成長を見守り、随時ご報告いたします。

関連リンク

会津電力株式会社「生活クラブ様との視察交流会を開催しました」

道法さんによる葡萄栽培指導

道法さんによる葡萄栽培指導

 去る5月30日、果樹自然栽培のパイオニア・道法正徳さんに雄国の葡萄畑にて、「道法スタイル」の正しい実践を指導して頂きました。

葡萄の木

雄国の葡萄畑に立つ道法さん

 赤シャツと赤スニーカーでコーディネートされたファッションで颯爽と動き回る道法さん。

 植物ホルモンの動きを示す教材を使いながら、枝の伸ばし方を丁寧に指導します。

植物ホルモンの動きを示す教材を持つ道法さん

植物ホルモンの動きを示す教材

道法さんと鵜川さん

 無肥料にもかかわらず葡萄は伸び伸びと育っています。「道法スタイル」の効能が目に見えてきました。

道法さんと鵜川さん

道法さん

 苗づくりの畠を前にじっくり話し込む鵜川さん、鍵富さん(レスカルゴ)そして道法さん。

鵜川さん、鍵富さん(レスカルゴ)道法さん

日暮れ間近の葡萄畑

喜多方の田園風景


 葡萄畑にほど近い会津電力・雄国太陽光発電所にて道法さんの特別セミナー。

道法さんセミナー

道法さんセミナー


 夜も道法さんを囲んで熱い議論が続きました。

鍵冨さん、道法さん、鵜川さん
 食い下がるようにアドバイスを求める鵜川さんの姿勢に道法さんも感動しています。

レスカルゴのワインとともに

 レスカルゴの美味しいシャルドネ・ワインとともに。今年の収穫と仕込みに想いを馳せながら。

アイプロダクツ代表・山田、鍵冨さん、道法さん
アイプロダクツ代表・山田、鍵冨さん、道法さん
ぶどう畑成長日記・2019年5月

ぶどう畑成長日記・2019年5月

 4年目を迎えたぶどう畑。昨年初めてのワインが完成し、今年はさらに期待が増しています。


2019年5月10日

 

2019年5月10日 ぶどう畑

 ぶどうの赤ちゃんですね。

 

2019年5月10日 ぶどう畑・鵜川さん

今年も葡萄畑の世話を一手に担って下さっている、有限会社 大和川ファームの鵜川氏。草刈り中です。

2019年5月10日 ぶどう畑・鵜川さん

2019年5月10日 ぶどう畑・鵜川さん

素敵な笑顔!


2019年5月17日

 一週間でまたさらに成長。

2019年5月17日 ぶどう

2019年5月17日 ぶどう

 

2019年5月17日 ぶどう畑

 

2019年5月17日 苗木

 挿し木も葉をつけています。弊社の副社長・阿部と、鵜川氏。

雄国から望む喜多方

 雄国から望む喜多方。ヤコブのはしごがうっすら見られました。


2019年5月23日

2019年5月23日 ぶどう

 急速に葉が茂ってきました。

2019年5月23日 ぶどう

 

雄国から望む喜多方

 またも、喜多方の景観。水を打った田が空と同じ青、美しいです。

 5月後半は急激な暑さでした。ぶどうへの影響は?来月も成長を楽しみに、見守ります。

初収穫の葡萄でワインが完成。「ワインを楽しむ会」を開催しました。

初収穫の葡萄でワインが完成。「ワインを楽しむ会」を開催しました。

喜多方ワインを楽しむ会

 3年半前から雄国山麓で栽培をはじめたワイン用の葡萄ですが、2018年9月上旬に無事収穫を迎え、その葡萄で仕込んだワインができました。(醸造は新潟のワイナリー「レスカルゴ」に委託しました。)
 今回は、そのご報告とともに、2018年11月30日に開催した「ワインを楽しむ会」の様子について簡単にレポートいたします。

 会ではこのワインの製造にまつわるオリジナル動画を製作し、上映いたしました。

 楽曲は、かねてより弊社にご協力いただいておりましたアーティストの奈都子さんに、雄国の葡萄畑をイメージして特別に作っていただいた曲「明日の木」です。
  ◆奈都子さんオフィシャルサイト 

 ワインを楽しむ会は大和川酒造店 昭和蔵で開催されました。テーブルもワインの雰囲気に合わせて華やかに仕上げました。

テーブルセッティング

 ワインの名前は「海音(かいと)」。命名は弊社代表の山田です。
「喜多方・雄国地区の葡萄畑から会津盆地を望むと、寄せる波のような雲海が広がります。
 その海の音が葡萄畑まで聞こえてくるような気がしました。あたかも、海と畑が話し合っているような。
 『かいと』という音読みが良いと思いました。」と、山田。

 小さな瓶1本ずつですが、ワイン造りに携わって頂いた参加者の方々にお土産としてお渡し出来ました。

喜多方ワインを楽しむ会

 瓶詰めしたばかりの赤ワインなので、若々しくスッキリした味わいです。
 高台にある葡萄畑を吹き抜ける涼風の香りや、淡々と仕事をする作業者の優しさが詰まっているような気がします。
 熟成とともに味わいにどんな深みが加わっていくのか楽しみです。

 ちなみに、こちらが雄国から望む雲海です。葡萄畑にほど近い雄国太陽光発電所から撮影しました。

雄国発電所から望む雲海

 一番の功労者、葡萄畑の世話を一手に担っていただいた有限会社 大和川ファームの鵜川義和様より一言いただきました。

鵜川義和様

 葡萄の栽培については鵜川さんなくして語れません。 本当にありがとうございました。引き続きメインプレイヤーとしてご活躍いただきたいと考えております。

乾杯

 弊社副社長・阿部の音頭による乾杯。

ワインを楽しむ面々

 お味はいかがですか?

 3年の月日をかけ、多くの方のご尽力により完成したワイン。ご協力頂いた方々と味わうことができ、忘れられない夜となりました。ありがとうございます。

編集:会津電力㈱今川・五ノ井  撮影協力:大八木様

Facebook

「喜多方・柿泥棒体験ツアー」ご報告

「喜多方・柿泥棒体験ツアー」ご報告

盗ったどー!

 アイプロダクツ主催の「喜多方 柿泥棒体験ツアー」についてご報告です。
 当日は天候にも恵まれ、最高の泥棒日和のもと4組のご家族、否、泥棒家族にお集まりいただきました。告知から一週間でこれだけお集まりいただいただけでも奇跡としか言いようがありません。大感謝です。

※以下は泥棒の記録です。弊社では真似をした場合に生じる一切の責任を負いかねますので、あらかじめご了承願います。

10:00  会津いいで農業協同組合 喜多方グリーンセンター東部店 集合

泥棒第1号

 身元がばれないような恰好で主催者は皆様をお迎えし、クラシックな泥棒像を皆様に提示。
 出発前、怪しまれないように各々が準備を進めていきます。それぞれの唐草スタイルで泥棒の準備をしていただきました。次回はもっと物のバリエーションを増やしてもいいかもしれませんね。

泥棒キッズ
防空頭巾ふうな泥棒手ぬぐいがキュート
普段は「先生」と呼ばれているそうです
普段は立派なお仕事をされていますが、今日は泥棒。

10:20-11:10 泥棒本番

 さて、白昼堂々と泥棒の開始です。こんな朝っぱらから泥棒なんてするわけがない、という人々の心の隙間を狙った犯行です。
 人が来ないことをいいことに人の土地に生えている見知らず柿をどんどん盗んでいく参加メンバー。
 なお、内容の性質上、場所はお教えできません。少なくとも彼らは不法行為を行っているわけですから。(※事前に地権者の許可を得ております。)

柿泥棒レクチャー
左の怪しすぎる大人2名が、通報されるリスクを高めています。

 まずはターゲットとなる柿の木を定め、効率的な盗み技の伝授。言いかえるならば、柿の収穫方法のレクチャー。

右の泥棒さんは、いい人そうです。
さあ盗れと言わんばかりの柿
さあ盗れと言わんばかりの柿

 参加者の中にはおのれの手を汚すことなく、柿を盗んでいる者も見受けられました。それはつまり、高枝切ばさみの模範的な使用例。

 子供であろうとお構いなしに、どんどん柿を盗んでいきます。 例えるならば、仲良し家族の風景。

肩車に喜ぶちびっこ泥棒(兄)
肩車に喜ぶちびっこ泥棒(兄)。奥で柿を吟味するその父。
かっこいい泥棒一家。もう食べちゃう。
果樹の扱いに慣れた泥棒
一番怪しい泥棒ですが、果樹の扱いが非常に上手いので、普段からやっているのかも…と疑いを禁じえません。

 そして泥棒作業終了。

盗ったどー!
盗ったどー!
盗りも盗ったり
盗りも盗ったり

11:00-12:30 昼食
 雄国の新そば祭りに参加。柿は盗みましたが、そばの代金は支払いました。

新そば祭り
美味しい新そばを提供してくださるお母さん方。
新そば祭り
無防備に素顔をさらし、そばを堪能する泥棒たち

13:00-14:00 渋抜き
 現場から難なく引き揚げた一行は、雄国発電所で渋抜きをして解散とあいなりました。

果樹の扱いが上手い泥棒

 果樹の扱いに長けていた怪しい黒覆面の泥棒は、アイプロダクツ副社長の阿部でした。箱詰めも手慣れたものです。

しぶ抜き

 泥棒たちを包み込む、秋の午後の暖かな日差し。早速柿をほおばり、満足気だ。

 さて、喜多方柿泥棒体験ツアー、いかがだったでしょうか?
 柿泥棒は毎年の恒例行事としていく予定ですので、うちの柿も盗んでほしい!という方がいらっしゃいましたら、ご一報いただきたいと思います。
 また、腕に自信がある方は、ぜひ泥棒としてご参加いただければ幸いです!
 できれば、柿泥棒になりきって頂き、泥棒装束で来ていただけると嬉しいです!

 泥棒レポート:今川(会津電力株式会社)、編集・文責:五ノ井(同)

Facebook